盾刻

概要説明

設定した注文間隔で買い下がり・買い上がり、もしくは売り上がり・売り下がりでポジションを取り、
平均建値から設定した利益幅(損失幅)に達した場合、もしくは含み益が目標利益額(許容損失額)に達した場合にポジションを一括で決済します。
イメージは以下のようなトレードとなります。

特徴

  • 通貨ペアに制限はありません CFDやビットコインも運用可能です
  • 買い、売り、いずれかの運用が可能です(チャート複数利用により両建可能)
  • 注文幅、利幅、損失幅を自由に設定できます
  • 注文を行う価格帯を指定できます
  • 運用途中でポジションを抱えながら各種設定変更が可能です
  • 注文を行う価格帯を指定できます
  • ポジション数の制限が行えます
  • ロットの積み増しが可能です
  • 増えすぎたポジションの集約が可能です
  • 時間足の開始値のみに注文と決済を行うモードが搭載され、利益拡大・含み損抑制に期待できます。
  • トレール決済機能を有し、全ポジション一斉にトレールさせることが可能です

※EAの特性上、トレンドに逆行し続けると多額の含み損を抱える可能性があるため資金管理等はしっかり行ってください

チャート適用時のイメージ

チャートにEAを展開したときの図です。
USDJPYproH4

注文を行う価格帯を指定すると買なら青ライン、売りなら赤ラインで注文を行うラインを表現します。
またチャートの左に現在の設定内容 及び 現在のトレードの状況が表記されます。

 

損益曲線

当EAはティックごとに注文,決済の判定ロジックを動かすか
時間足の始値に1度だけ注文,決済の判定ロジックを動かすか設定できます。
これらの設定により、損益曲線が変わるためパターン別に記載します。

ティックごとの注文・決済判別

TesterGraph-f-f
ティックごとに注文と決済の判別を行うモードで動かした場合の損益曲線がこちらです。
注文の出し方は千刻の逆指値決済モード:オフ(もしくは千刻・略式)と全く同様になります。
相場が急落したとき(買の場合)、落ちるナイフを掴み続ける形になりますので急落時は注意が必要です。
決済も利確条件を達したら即時決済しますので、相場の取りこぼしが最も少ないのが特徴です。

ティックごとの注文判別、時間足ごとの決済判別

TesterGraph-f-t
注文の判別をティックごとに行い、決済の判別を4時間足の始値で動かした場合の損益曲線です。
利確条件を達しても即時決済せず、時間足の始値(時間足確定)を待ちます。
伸び悩んで決済ロジックが動くときに条件未達になっていると取りこぼすデメリットもありますが、通常は利益拡充が望めます。

時間足ごとの注文判別、ティックごとの決済判別

TesterGraph-t-f
注文の判別を4時間足の始値で行い、決済の判別をティックごとに動かした場合の損益曲線です。
時間足に1度しか注文を行わないため、急落相場・急騰相場での効果を発揮します。
過剰ポジションを抑えることで含み損が抑止されます。
決済は利益条件に達したら即決済しますので、一番セーフティな設定となります。

時間足ごとの注文・決済判別

TesterGraph-t-t
注文・決済の判別ともに、4時間足の始値で動かした場合の損益曲線がこちらです。
急落相場・急騰相場での過剰ポジションを抑止しつつ、
利確条件を達しても即時決済せず、時間足の始値(時間足確定)を待ちます。
リスクを抑えつつ、トレンドに乗った時の利益も即時決済よりも拡充が臨めます。

(参考)時系列での推移

損切しない手法なので右肩上がりですが、典型的な損切なしのナンピン手法の損益曲線を描いています。
時系列で口座残高・有効証拠金をグラフ化すると以下のような損益曲線を描きます。
以下は4時間足ごとに注文と決済の判別を行った場合です。
ストラテジーテストの結果だけですと分かりづらいですが、過剰ポジションを抑えると言いつつも、
含み損を多く抱える手法ですのでご注意ください。
Acc-graph

詳細説明

 

設定パラメータ

パラメータ 説明
xMagicNumber 当該EAのトレードを管理するための識別NOです
他のEAと被らないよう数値を設定して下さい
xAllowSpread 許容するスプレッドです(pointで指定して下さい 1Pips=10Point)
本設定値よりスプレッドが拡大している場合は新規注文を行いません
マイナス値を入れるとスプレッドを考慮しなくなります
xSlippage スリッページです
xType 買いで仕掛けるか売りで仕掛けるかのパラメータです
買いはB 売りはSと設定してください
xStartBarOpenOnly 注文ロジックを時間足の始値のみに動かす場合 trueを設定してください
例えば1時間ごとに注文ロジックを動かしたい場合は、チャートを1時間足にしてください
xStartBarCloseOnly 決済ロジックを時間足の始値のみに動かす場合 trueを設定してください
例えば1時間ごとに決済ロジックを動かしたい場合は、チャートを1時間足にしてください
xLots 取引ロットサイズです
xStepLots 積み増しするロットサイズを設定してください
積み増ししない場合は0を設定してください
オプション機能のロット積み増しの項を参照ください
xMaxPrice 注文を行う上限価格(レート)です
0を設定すると無制限となります
xMinPrice 注文を行う下限価格(レート)です
0を設定すると無制限となります
xMaxPriceとxMinPriceを0以外の同値にすると新規注文を行いません
xOpenMode 以下より選択してください
0:フィルターなし
1:平均建値が不利になる方向のみに新規ポジションを建てるようになります(順張りナンピン)
2:平均建値が有利になる方向のみに新規ポジションを建てます(逆張りナンピン)
xIntervalPips 注文間隔をPipsで設定してください
xCloseMode 以下より選択してください
0:平均建値に対してPipsベースで決済する
1:含み損益の合計額ベースで決済する
2:トレール決済で決済する
xProfit xCloseMode=0のとき
平均建値から本設定Pipsだけ有利な価格になった場合に全ポジションを一括決済します
xCloseMode=1のとき
含み益が本設定額以上になった場合に全ポジションを一括決済します

0を設定することで利確しません

xStoploss xCloseMode=0のとき
平均建値から本設定Pipsだけ不利な価格になった場合に全ポジションを一括決済します
xCloseMode=1のとき
含み損が本設定額以上になった場合に全ポジションを一括決済します

0を設定することで損切しません

xTrailStartPips xCloseMode=2のとき
現在価格が平均建値+利益幅+本設定値を満たした場合にトレールを開始します
xTrailStepPips xCloseMode=2のとき
トレールする単位をPipsで指定してください
xAllowPosition 許容ポジション数です
本設定に達した場合、新たに注文しなくなります
0とすると無制限となります
xTradeComment 集新規注文時にオーダーコメントとして付与する内容です

xCloseMoe=2(トレール決済モード使用時)は、xStartBarCloseOnly=falseとしてください。
 
 

更新情報

年月日 Ver 内容
2016/03/25 1.0 リリース
2016/08/04 1.1 機能改善:トレール決済機能追加
2017/02/08 2.0 口座フリー版 認証サービス強化版
2017/02/21 2.1 デモ口座 認証方法変更
2017/03/01 2.2 認証方式の変更

お気軽にお問合せください。

利用ユーザー数

2017/09/27時点

千刻:207名

千刻・略式:63名

盾刻:33名

 
PAGETOP
Copyright © グリッドトレードシステムズ All Rights Reserved.