グリッドトレードという単語で、どういったトレードかすぐにイメージできますでしょうか。
今もっともFXの自動売買で盛んに行われている手法ですので、FXトレーダーであれば多くの方は概念を知っているかと思います。

 

もっと馴染みのある言葉で表現するのであれば、「リピート系」,「連続注文系」です。マネースクウェアのトラリピ、アイネット証券のループ・イフダン注文、外為オンライン社のiサイクル注文という具体例を挙げると分かり易いと思います。

 
手法としては古くはグリッドトレードと呼ばれるものです(浸透はしていないですが)。ここでは当サイトの名称にもなっているグリッドトレードの概念を取り上げます。

 

グリッドトレードとは株・商品先物・為替取引などの手法

相場に対し等間隔の値幅でポジションを建て、利益が出たら決済を取るような手法を指します。
チャート上に一定間隔の目盛線(GRID LINE)を引いて、その目盛ごとにポジションを取るトレードであることから、海外では「Grid Trading」と表現されていたのが発祥です。

 

この手法はつい最近になって生まれたものではなく、古くから確立された手法で2001年には存在していることを確認しています(当サイト調べ)。
具体的にどのようなトレード手法なのか見ていきましょう。

 

ポジションの取り方


FX手法は、その手法の根拠において優位となるポイントでポジションを建てます。チャート分析によって優位なポイントでエントリーするテクニカル手法や、オプション・大衆心理を利用してエントリーする手法など、アプローチは違えど必ずエントリー根拠があります。

 

それに対してグリッドトレードはポジションを取る際に優位性という観点は全く考慮しません。
一定間隔の値幅で淡々とポジションを取るというのが特徴となっています。

 

利益確定の方法

利益決済については大きく2つのケースがあります。

ポジション個々に利益が出たら決済


1つ1つのポジションに対して利益が乗ったら個別に決済する方法です。
グリッドトレードと表現すると上図のようなトレードを指すことが一般的です。

 

利益確定後、再び価格がもとの位置に戻ったら同じようにポジションを取ることで、相場の動きを常に捉えて利益に変える事ができます。グリッドトレードは「相場の動きを追い掛ける必要ない」、「相場を予想する必要がない」・・・などと言われる理由はここにあります。

 

ポジション全体で利益が出たら決済


全ポジションで利益が乗ったら全ポジションを一斉に決済する方法です。
平均建値を優位にしていくことで、戻りが少なくても利益確定を可能とします。
ポジション取りこそグリッドトレードですが、このような決済はナンピン手法そのものです。
この決済方法はグリッドトレードと呼ばれることは殆どありません。

 

グリッドトレードは最もシンプルなシステムトレード

FXにおいて人の裁量で行うか否かで分類すると裁量トレードとシステムトレードに分かれます。
WikiPediaによると「システムトレードとは、投資を行う際に裁量を排し一定売買ルールに従って売買を行う方法。非裁量トレードの事。」とあります。

 

グリッドトレードは「等間隔にポジションを取る」というルールと、「個々のポジションもしくはポジション全体で条件を達したら決済する」というルールに従うためシステムトレードに分類されます。

 

システムトレードのうちコンピュータに売買注文を執行させるものを自動売買と表現します。
グリッドトレードはルールが非常にシンプルであり。自動売買が最も適している手法の1つともいえるのです。

 

まとめ

グリッドトレードとは

相場に対し等間隔の値幅でポジションを建て、利益が出たら決済を取る手法

トレードルールが非常にシンプルなシステムトレードに分類され

最も自動売買が適している手法です

・各社が自動売買サービスとして展開し、リピート系や連続注文系などとも呼ばれます

コンテンツメニュー


グリッドトレードの最適口座「XMマイクロ」 & 業界最強キャッシュバック「TariTali」

リピート系運用なら10通貨~の「XMマイクロ」が最適です
XMのキャッシュバックサイトは最強の「TariTali」一択です
最高のキャッシュバックを貰いつつ、リピート注文EAを無料(※)で入手するならこちら!
(※ 条件によっては無料になります)

スポンサーリンク


お得!当サイトの特典(キャンペーン)一覧はこちら!

当サイトのグリッドトレード(リピート系)EAは自分で使うために開発したものです。5年使い続けていいます。(現在進行形)
開発者&運用者でもある当サイト管理人「啓典」についてはこちらから!