月額360円~の国内格安VPSであるWebARENAを使ったMT4環境構築の手順ついてです。
前回は流れだけを記載しました。

格安LinuxOSのVPSでMT4環境構築

国内格安VPSでMT4環境を構築する手順!月額たったの360円!

参考
MT4は国内格安VPSで月額500円程度まで圧縮できる
世界最安VPSであるTime4VPSでMT4運用できない理由

本記事は上記流れの「1.WebARENAのVPSクラウド契約手順」について記載していきます。

スポンサーリンク

WebARENAのVPSクラウド契約手順

FX自動売買専用の格安VPS構築の最初はWebARENAのVPSクラウドの契約からです。以下、NTTPCコミュニケーションズの公式サイトより契約フロー図を掲載いたします。見ての通り難しいことはなく、契約はすぐに完了します。

 

1-1
WebARENA(VPSクラウド)にアクセスします。
1-2
以下図の赤枠内をクリックします。
1-3
プラン・オプションを選択し、パスワードや連絡先を入力項目欄が下部にあるので入力して、「次へ」をクリックします。
1-4
新規契約なら新しい契約IDにチェック、規約を読んで同意するならチェックして、「次へ」をクリックします。
1-5
支払方法を選択します。クレジットの場合、先にクレジット情報を入力、住所などの情報を入力して「次へ」をクリックします。
1-6
確認の画面が出てくきます。最下部の「登録する」をクリックします。
1-7
契約に関しては完了です。メールアドレスに契約情報等がメール送信されます。ログイン先URLなどが記載されていますので届くメールはなくさないよう気をつけてください。
※後日郵送でも契約に関する書類が送付されます。

 

総括

最初の手順としてVPS契約までを記載しました。初期費用がゼロという嬉しい値段設定ですし、このあたりまでは全く身構える必要のない内容かと思います。

注意点としては月中で契約しても月額費用は日割り計算してくれないといったものがあります。また、本VPSサービスでMT4利用まで漕ぎつけなかったから解約したい・・・といった場合、契約最低期間は1か月となります。MT4利用まで漕ぎつけないケースを想定するなら1か月分の月額を費用捨てる覚悟が必要です。

格安LinuxOSのVPSでMT4環境構築

国内格安VPSでMT4環境を構築する手順!月額たったの360円!

参考
MT4は国内格安VPSで月額500円程度まで圧縮できる
世界最安VPSであるTime4VPSでMT4運用できない理由

スポンサーリンク

グリッドトレードの最適口座「XMマイクロ」 & 業界最強キャッシュバック「TariTali」

リピート系運用なら10通貨~の「XMマイクロ」が最適です
XMのキャッシュバックサイトは最強の「TariTali」一択です
最高のキャッシュバックを貰いつつ、リピート注文EAを無料(※)で入手するならこちら!
(※ 条件によっては無料になります)

お得!当サイトの特典(キャンペーン)一覧はこちら!

当サイトのグリッドトレード(リピート系)EAは自分で使うために開発したものです。5年使い続けていいます。(現在進行形)
開発者&運用者でもある当サイト管理人「啓典」についてはこちらから!