月額360円~の国内格安VPSであるWebARENAを使ったFX自動売買環境(MT4環境)の構築手順についてです。前回はWebARENAのVPSクラウドの起動手順までを記載しました。今回はMT4が使えるよう環境を整えていきます。

格安LinuxOSのVPSでMT4環境構築

国内格安VPSでMT4環境を構築する手順!月額たったの360円!

参考
MT4は国内格安VPSで月額500円程度まで圧縮できる
世界最安VPSであるTime4VPSでMT4運用できない理由

スポンサーリンク

CentOS7にWINEをインストールする手順

本内容は「黒い画面にコマンドという文字列を入力して、セッティングしていくという手順」となります。コマンドラインベースのOSを触ったことのない方にとっては少々敷居の高い内容になります。

手順の意味を理解しようと努めると膨大な労力が必要になります。超ザックリな意味を添えながら、本内容をトレースすることで作業完遂する事を目的に記載しています。

ここから先はVPSクラウドに対して処理させるのですが、自分のPCからネットワークを経由してサーバーに接続して操作するソフトをインストールしておいてください。
Tera Term

VPSクラウドへの接続
Tera Termを起動すると以下のような画面が立ち上がります。ホストの入力エリアにVPSクラウドのIPアドレスを入力して「OK」をクリックします。

※VPSクラウドのIPアドレスはWebARENAのサーバーコントロールパネル画面からメニュー「インスタンス」をクリックすることで確認できます。

初回実行時はセキュリティ警告の画面が表示されます。「既存の鍵を・・・」にチェックを入れて、「続行」をクリックします。

ユーザー名に「root」と入力し、「RSA・・・を使う」にチェックを入れ、「秘密鍵」をクリックします。

ファイル選択の画面が開かれるため、「前回記事」の手順2-5で保存したファイルを選択し、「OK」をクリックします。ファイル選択画面ではファイルの種類を「すべてのファイル」にしないと、ファイルが表示されないかと思います。。

ログインが正常に終了すると以下のような画面になります。これでVPSクラウドへ接続されました。

3-1.アップデートする
VPSのOSインストール後に実行するお決まりのコマンドを実行します。


yum -y update

上記コードをコピーします。TeraTerm上で右クリックすることでペーストとなります。

ペースト後はエンターキーを押下します。およそ5分くらいもの間、黒い画面に文字列が流れ続けて処理が完了します。

3-2.開発ツールを導入する
WINEを入れる前に開発ツールを導入していきます。以下を1行ずつ実行します(先と同様に一行ずつコピーしてTeraTerm上で右クリックしてエンターです)


yum install samba-winbind-clients -y
yum groupinstall 'Development Tools' -y
yum install glibc-devel.{i686,x86_64} gnutls-devel.{i686,x86_64} freetype-devel.{i686,x86_64} alsa-lib-devel.{i686,x86_64} -y
yum install libtiff-devel.{i686,x86_64} libgcc.{i686,x86_64} libX11-devel.{i686,x86_64} libxml2-devel.{i686,x86_64} -y
yum install libjpeg-turbo-devel.{i686,x86_64} libpng-devel.{i686,x86_64} libXrender-devel.{i686,x86_64} -y
yum install wget

処理を実行した際に以下のように、実行するか否かを問われたら yを入力してエンターです。

3-3.WINEのソースを入手する
WINEをインターネットから入手するのですが、その前にフォルダ(ディレクトリ)を作成します。例に倣って1行ずつ実行です。
1行目でフォルダ(ディレクトリ)を作成し、2行目で作成したフォルダ(ディレクトリ)に移動します。


mkdir wine
cd wine

インターネットからWINEのソースをダウンロードします。ダウンロード後はtarコマンドで展開します。


wget http://dl.winehq.org/wine/source/3.x/wine-3.15.tar.xz
tar Jxfv wine-3.15.tar.xz

3-4.WINEをビルドする
ビルドは64bit版→32bit版の順で実施します。展開したディレクトリに移動して、64bit版と32bit版を格納するディレクトリを作成します。


cd wine-3.15
mkdir -p wine32 wine64

64bit用のディレクトリに移動して64bit版を先にビルドします。3行目のmakeの処理時間は長く1時間くらいかかります。


cd wine64
../configure --enable-win64
make

処理が完了しましたら次に32bit用ディレクトリに移動してビルドします。ここの3行目のmakeの処理時間も長く1時間くらいかかります。


cd ../wine32
../configure --with-wine64=../wine64
make

3-5.WINEをインストールします
ビルドした順番とは異なり先に32bit版→64bit版の順でインストールします。まずは32bit版です。


cd ../wine32
make install

次に64bit版のインストールです。


cd ../wine64
make install

これでWINEインストールまで完了です。

総括

本手順から黒い画面にコマンドを入力する・・・というWinodowsユーザーには馴染みのない操作ですが、TeraTermでVPSに接続して、本記事に記載しているコマンドをコピー貼り付けするだけです。

WINEのインストールについては他の方法もありますが、WINEは最新版3.15(2018/9/10時点)をインストールする手順としました。古いバージョンのWINEだとMT4インストール時にプロキシ設定の画面が開いて上手くいかないケースがあるからです。WINE3.15ではMT4がスムーズにインストールできることを確認しています。

次回手順ではリモートデスクトップでVPSクラウドにログインできるようにしていきます。

格安LinuxOSのVPSでMT4環境構築

国内格安VPSでMT4環境を構築する手順!月額たったの360円!

参考
MT4は国内格安VPSで月額500円程度まで圧縮できる
世界最安VPSであるTime4VPSでMT4運用できない理由

スポンサーリンク

グリッドトレードの最適口座「XMマイクロ」 & 業界最強キャッシュバック「TariTali」

リピート系運用なら10通貨~の「XMマイクロ」が最適です
XMのキャッシュバックサイトは最強の「TariTali」一択です
最高のキャッシュバックを貰いつつ、リピート注文EAを無料(※)で入手するならこちら!
(※ 条件によっては無料になります)

お得!当サイトの特典(キャンペーン)一覧はこちら!

当サイトのグリッドトレード(リピート系)EAは自分で使うために開発したものです。5年使い続けていいます。(現在進行形)
開発者&運用者でもある当サイト管理人「啓典」についてはこちらから!